実録・恐怖体験物語?


by yahey72

O/Hに至るきっかけ&経緯

 いきなり自走不能になることはないものの、21世紀になってからなにかしら(↓)のイベントが時折見られるようになり、“オーバーホール”の文字が眼前にちらつき始めたのです...。

・3速で登坂能力に乏しい
 ドリブンにCB77用30T(STDはCB72:32T/CBM72:34T)を選択しているせいも多分にあると思われますが、箱根ターンパイクなどをはじめとする10%勾配クラスの急坂だと3速ではそのスピードが維持できず、2速で登ること数知れず。4サイクル2気筒250ccの180度クランクだとそんなもんという話もありますが、も少しなんとかならんもんかと思うのでございます。

・メインシャフト先端オイルシール脱落によるクラッチリフタースレッドへの強力オイルジェット
 主に冷間始動時/火が入った直後に多発。ケース内オイル通路のどこかが詰まり、ケース内圧が想定より高くなったおかげで逃げ場を求めて...と想像できたが、その“どこか”はわからず。
 とりあえず「ホントにこんなコトやっていいんだろうか」と思いつつ、その場しのぎの対処療法としてオイルシールとクラッチリフタースレッドの間にワッシャ3枚を重ねて挿入 → 漏れなくはなる(けど不安)

・4速→3速へのシフトダウンがシブい(できない)
 中速以上で発生。回転がそれ以下に落ちればダウンはできるものの、なんかキケン。

・クランクシールからのオイル漏れ
 ダイナモカバーを開けるとドライなハズなのにオイリーなウェットぐわい。出てくるとすればそこしか考えられず、オイル付着によるダイナモコイルショート→断線死亡という事態も起きた。

・4速で(とくに)スピードが伸びなくなった
 最後は3速でも感じられたが平地ですら高速道路の制限速度へ達するのに一苦労。

・そんなこんなで乗っててワクワクするけどワクワクしきれない
 気持ちよさが半減なのです。

********

 でも、やっぱり“オーバーホールしたい!”って思い続けてたのは、乗り始めた頃のワタシのナナニイが調子が良かった時って、“ワタシも”調子よかったような気がするのです。で、ナナニイの調子を取り戻せればワタシも調子を取り戻せそうな気がする...そんな気がするだけです。

 ナナニイの調子が取り戻せてもワタシの調子が取り戻せなかったら? ゼロのままじゃないワケですし、ソレはソレで人は人、自分は自分なのでございますよよよ。

 まぁ、個人的事情はさておき、“自分のエンジンを自分でオーバーホールする”ことへの後押しとなったのはナナニイを乗り続けて来た諸先輩方やネットを始めて知り合えた数多くのみなさま、とくに平成大阪マッハIIIクラブ進行性W病をはじめとするカワサキ系HPなどのみなさまによる、“自分のエンジンを自分の手と言葉で語る”ことの楽しそうな様を拝見させていただき、「オレもこんなこと書きてぇ&なりてぇ...」と思うようになったコトでございます。

 これから大変お世話になる指南役A(エース)様をはじめとして、これまでお世話になった&これからお世話になる数多くのみなさまに深く御礼申し上げます(平伏)。
[PR]
# by yahey72 | 2008-04-02 00:47 | プロローグ

登場人&ブツ

・ホンダドリームスーパースポーツCBM72(1964年式)

 当ネタの主役。といっても車体が'64年式でエンジンはその後('66年あたり?)のもよう。
 ワタシ(やへー)が'92年に個人売買で入手。少々くたびれた外観ながら機関は調子よく、引き取った帰り道にキョーレツなカルチャーショックをワタシに与え、後の単車との関わりにおける多大な影響を与える。
 がほどなく、調子こいたオーナーが段差乗り上げに失敗(道板アリ)。ケースヒットでヒビを入れてしまい、ミッションを焼き付かせ、多大な修理金額というキョーレツな洗礼も受けさせる(苦笑)。
 その後もオーナーのへっぽこ扱いで徐々に調子を落とし、意を決したオーナーは'95年(たしか)に腰上オーバーホールを決意。懇意のバイク屋に“自走”で持ち込んだ後、作業担当メカ(自分でやる勇気も技術もなかった)から「オイルポンプ開けたらいないハズの銀色の三角の物体がいたぞ」の一言で必然的に腰下まで(涙)。部品入手に苦労しながら(してもらいながら)翌年(たしか)出庫。

 その後もオーナーに起因するへっぽこをかましながらもオーナーに乗るのを断念させるようなトラブルは発生させず、健気に走り続けた愛すべき機体...が、前回オーバーホールからのそれなりの経過と共に不具合箇所(後述/だがエンジンはかかるしいちおう走る)を抱えたようで、オーナーが再びオーバーホールを決意。

「今度はオレが!」

 だだだ、だいじょうぶ...?(滝汗)


・やへー

 CBM72のオーナー。
 '99年に失笑系HPを開設後、あくまでも自分のナナニイとしてネタを書いていたが、なにを血迷ったか2001年、「ナナニイ系のサイトがなかったので」と技術も経験もないのに“Dre@m70 on Line”というC70に端を発するホンダ空冷2気筒系...の微ネタ収集サイト(汗)を立ち上げてしまう(後に後悔(笑))。

 油断するとすぐに調子をこく“ムチャしい”タイプ。それによる“伝説”はあちこちに(苦笑)。

 オートバイいじりはオイル/タイヤ交換+α程度は自分でやるが、カブ/スクーターなどの50ccを含め、エンジンバラシ/組みの経験は皆無(横で見ていたことはある < ほとんど役に立たない)。初めてのセルフオーバーホールが40年以上前のエンジンというこれまたわりと(かなり)チャレンジャー。

 そういえば初めてのタイヤ交換は'94年式アフリカツイン(RD07)のリヤタイヤ(ミシュランT66X/チューブリムにラジアル構造チューブレスタイヤ)というコレもキョーレツな洗礼だったことを思い出せば、そんなんばっかりなのかも(溜息)。


・指南役A(エース)氏

 元機械屋さんの単車乗り。
 本来、ネット上では別のハンドルネームなのですが、油断するとなにするか解らないやへーの初めてのバラシに立ち会っていただき、有益な助言をいただくので了承なく勝手にこう表記させていただきます(をい)。
 自ら組んだエンジン&ノウハウ多数。この方の身近への登場がなければやへーに「今度こそ自分でやってみたい」と思い切らせなかったであろう非常にありがたい御方(感謝)。

 なんでA(エース)なのかというとA(エー)より強そうじゃないすか(関係なし)。“A”といえばたーんえーたーん♪じゃなくてジャンボーグエースでウルトラマンエースなのですよよよ(支離滅裂)。開閉隊...だったらビリー風味呼称でもよかったんじゃない? とのツッコミもいただきましたが、存在以外は詳しく知らないのでネタに昇華しきれなかったのです < なにカミングアウトしてんねん

 他ゲストあり?
[PR]
# by yahey72 | 2008-04-01 18:23 | プロローグ

入隊願

 この度、ワタシ(やへー)は'64年式 ホンダCBM72のエンジンをオーバーホールさせていただきます(謝)。
b0132428_22769.jpg

 シロウト故(なんせエンジンバラシ初体験(滝汗))、入隊中にどんなコトが起こるか、はたまたもうすでに起きているのか、いつ完成するか...等々、さっぱりわかりませんが、いいエンジンでこれからも走っていきたいと思いますのでヨロシクお願いしますです♪
[PR]
# by yahey72 | 2008-04-01 00:00 | プロローグ