実録・恐怖体験物語?


by yahey72

カテゴリ:クランクケース( 8 )

 ある程度見られるようになった予備あらため使用予定クランクケースですが、まだ長期放置などによるベアリング面におけるもらいサビ?(呼ばれサビ?)の名残などが見られますので軽くお掃除しておきます。

 いちばんひどい部分でだいたいこんな感じ↓
b0132428_16112381.jpg

 可能なら内燃機屋さんなどで軽くホーニングしてもらった方がよりキレイで座りのいいモノになるんでしょうけど、ここはまた例によって灯油とボンスター#00(極細目)でちまちま行く所存。
b0132428_16121074.jpg

 適当な量をちぎって灯油に浸し、ベアリング面自体を痛めないように力を入れて押し付けることなく、また油分を切らさずなでるようにちまちましていきます。

 エキパイやサイレンサー、リヤショックスプリングのサビ落としにも使えて超便利♪ ご愛用の方も多数いらっしゃるかと存じますが、ホームセンターの台所用品コーナーに置いてあるのは小さなロール状で目が大きい(荒い)モノだったり研磨剤入りだったりしますので、写真のタイプのブツをお求めの場合はケース洗浄の際に使った不敷布スポンジ同様、塗装用品コーナーで聞かれた方が確実かと思われます。

ちまちま...
[PR]
by yahey72 | 2009-02-13 17:49 | クランクケース
 っていうか、このケースを使うのがほぼ確定路線なのでええ加減“予備”は外してもいいような気がするんですが(笑)。

 そんなワケでクランクケースの面取り(バリ取り)は組付け時に液体ガスケットを塗る部分をイメージ(↓の赤いマジック部分)しながら行います。写真をよーく見て、「コレ、面取り終わった後に撮ってない?」と思ってもそのへんはオトナの優しさでお願いします(炸裂)。
b0132428_0284156.jpg

 ケースの面取りを行うのは加工バリの除去(突端に熱が溜まりやすく、振動による落下の回避)と液体ガスケットを塗ってケースを組んだ際にケース内側に液体ガスケットがはみ出しても大きな問題を起こさないよう予防的な面もある...ということのようで、教わった塗りすぎた液体ガスケットが悪さをする例はコチラ↓
b0132428_0292817.jpg

 イラストレーターとかで作った図じゃなくて手書きデジカメかよ!(爆死)

 まぁ、水泳大会のポロリは歓迎されますが、クランクケース内(に限らず単車全般に渡って)でのポロリはかなりよろしくないということなので、こんな↓イメージ(あくまでもイメージです...ってまた手書きデジカメか〜)でケースの合わせ面を取っていくのであります。
b0132428_0294467.jpg


水泳大会のポロリも見なくなりましたね〜(関係ない)
[PR]
by yahey72 | 2009-01-09 01:48 | クランクケース
 塗装をシンナーで落とした予備クランクケースですが中はまっくろ...なので、そのまま使うワケにはまいりませぬ。メジャーどころのケミカル類もありますし、オレンジ成分入りの家庭用洗剤@原液も結構キいたりするんですが、今回は(も?)わりと原始的な洗油...とゆーか灯油に漬け込んだ後にブラシでわしわしするのです。TO YOU !(意味不明)
b0132428_2317193.jpg

 そんなワケで使用するブラシ各種...ですが、メインは真鍮ブラシと不織布スポンジ(スコッチブライトとかシャイネックスとかミガキロンとかいろんな名前で出ています/写真の緑はシャイネックスの#400相当)。
b0132428_23173327.jpg

 まずは灯油に二日程漬け込んで汚れを浮かしてわしわし開始。ただひたすらブラシとスポンジで隅々までちまちまと行くワケです。入り組んだところや奥はスポンジを割り箸に巻き付けてさらにちまちま。なお、わしわしし始めると止まらなくなる(止められなくなる)ので作業中の写真はありません。申し訳ありません(謝)。

 それでもオイル通路の奥の方は手が届かないので、やっぱりケミカルなんだろうかと思ったりもするんですが...(汗)。

Now Washiwashing ... Please , wait ...
[PR]
by yahey72 | 2008-12-19 23:51 | クランクケース
 これまで搭載していたエンジンのクランクケースについては洗浄してみたものの、ワタシの過去の所業(苦笑)でかなりオツカレのご様子。以前、予備ケースのヘドロやらチミモウリョウやらなんやらをざっと洗い流したときのことを思い出すとなんか予備ケースの方がまだ状態はいいかもなぁ...と思うようになり、まずはもう一度ちゃんと洗ってみるベとひっぱり出してきてみました。

 過去の所有者によってシルバー仮面塗装が施された予備クランクケース↓
b0132428_2372722.jpg

 一見、塗装のおかげでキレイに見えますが、エンジンを組んだ状態からイケイケで缶スプレーを吹いたようでザラザラ部分をツメなどでほじくるこびりついてた年代モノの泥がコンニチワ(笑)。
b0132428_2374410.jpg

 洗浄の前に剥離かぁ...と思案に暮れておりました。

よくよく考えてみれば...(みなくても)
[PR]
by yahey72 | 2008-12-14 00:00 | クランクケース
 トランスミッションの方で一緒にネタにしようと思ってたら写真が多くなり過ぎるので別のネタにします(笑)。
b0132428_23492561.jpg

 そんなワケでご苦労様です...なシフトドラム&シフトフォーク。

続き〜
[PR]
by yahey72 | 2008-06-09 00:10 | クランクケース
 4速→3速へのシフトダウンがシブかったミッションですが...
b0132428_2352543.jpg

 トップギアコンプリートを抜いてみたら“誰かさん”がいらっしゃいました(笑)。
b0132428_2354051.jpg

 シブかった原因はこのコ?

続き〜
[PR]
by yahey72 | 2008-06-08 23:35 | クランクケース
 さて、中身のいなくなったクランクケース。
 これからお掃除するワケですが ...
b0132428_23373841.jpg
 その前にお掃除前の状況(笑)。
 まずアッパー側。
b0132428_23375690.jpg
 そしてアンダー側。
b0132428_2338948.jpg
 おえ(苦笑)。
 まぁ、蓄積させたのはワタシなのです...

そしてお掃除〜♪
[PR]
by yahey72 | 2008-05-26 00:16 | クランクケース

クランク・オイル漬け

 ケース開封直後に発見したクランクのセンターベアリングアウターリングのオイル通路穴にいた誰かさん(矢印)ですが...
b0132428_22451735.jpg

 誰かさん以外にもいろんな方がいらっしゃるようなので、みなさんに出て行っていただきやすくするためにもとりあえずエンジンオイルに漬け込んでみました。
b0132428_22453078.jpg

 ちなみに漬け込んだのはディーゼルエンジンオイル(の未使用分の余ったモノ寄せ集め)。指南役A(エース)氏の経験上、洗浄剤も入っているのでこういう場合には適しているとのこと。まぁ、漬け込んだだけでいなくなるような感じじゃなさそうなので、ホジホジしないといけないんでしょうけど(苦笑)。クランクもバランス取りも含めてO/Hに出すつもりですが、ベアリングや大端部の案配はどうなんだろう...(汗)。

 保管時は写真ではコンロッドの枕になってるオイルでベタベタな新聞紙を上から被せてプラケースのフタをかぶせてあります。実走行時(いつ?)にはちゃんとガソリンエンジン用のいつものオイルを使用しますので念のため♪
[PR]
by yahey72 | 2008-05-17 23:05 | クランクケース