実録・恐怖体験物語?


by yahey72

シリンダーヘッド/カムシャフト分割

 さてずっと悩んでたカムシャフトの分割...というか、カムスプロケットの固定方法をどうすべか考えていたのです。

 マニュアル上では“回り止め”で固定するような記述がありますが、どんなサイズか不明(さらにマニュアル上のカムスプロケはワタシの型とは異なるタイプ)なので、とりあえずマニュアルのカタチに倣ってゲンブツあわせでまわりにあったもので似たようなの↓をつくってみましたが...
b0132428_23411342.jpg

 見事に玉砕(笑)。

 そんなワケで今回の作業には以下の工具などを使いました。
b0132428_23342081.jpg





 さて懸案のカムスプロケットロックナット(矢印)。
b0132428_23494325.jpg

 って、なんで“ロックワッシャ”って、書いてんねん〜 < 直せよ

 1mm厚で玉砕し、やっぱりある程度の厚みは必要かぁ...などと思いつつ、トガシ希望な思い(意味不明)を抱きながら近所のホームセンターをまわっていました。それなりの大きさのヤツだとせいぜい厚くて3mm(しかも高い)で、それなりのチカラに対応するにはできれば5mm以上は欲しいよなぁと思っていたら、↑で示した30×70×5mmのブツ発見。幅50mmくらいあればなぁ...と思いつつ、ソレを2個購入。

 やはりマニュアルの“回り止め”のカタチに倣って成型しようかと思っていたところ、「スプロケの歯を食い込ませてもいいんじゃない?」ということで、5mm厚板を2段重ねでロッキングプライヤ固定の後、フックレンチでいざ挑戦。
b0132428_0321915.jpg

 緩めるにはサービスマニュアルのあんな小さなカムシャフトロックナットレンチでホントにまわるんかいな? と真剣に思うくらいのチカラが必要でした(汗)。

 なんとかロックナットが緩み、そのままロックナットを緩めていくと右カムもゆっくり外へ押し出されてきて、カムスプロケットと右カムが分割成功。さらに右カムをシリンダーから外すために叩くわけですが、カムを叩いてホントにいいんだろうかと思う小心者のワタシなのです。
 カムを叩き出す際は写真のカム山の高いところをサービスマニュアルでは“木片”で叩くと書いてありますが、木片だと叩く際に出る“木屑”が心配で。正直、マニュアルを読んだ際、「木片かよ!」と思いました(笑)。樫の木ください < またゆってる
b0132428_0552763.jpg

 できればアルミとかで叩きたいんですが、そうなると↑のように隣のカム面を傷つける危険(どころのレベルではありませんね)が。そういうことをふまえてマニュアルでは“木片で”ということだと思います。

 そこで指南役A(エース)氏が1mm厚アルミ板を金切りハサミでカム面を保護するようなカタチで切り出し、手頃なほうきの柄で成型してできたのが↓のブツ。
b0132428_057538.jpg

 ぴったりフィット♪
b0132428_058169.jpg

 叩き棒で叩く際の安心度がぜんぜん違います。
 棒自体もカムのヒッティングポイント以外(シリンダーヘッド本体)をヒットしないように成型。
b0132428_124415.jpg

 慎重にコチコチやってくと右カムが抜けてくるハズなんですが...
b0132428_0592038.jpg

 マニュアル上ではシリンダーに残るはずの6004ベアリングがくっついてくるハプニング...は後の左カムを抜くのにさらに苦労する序曲に過ぎなかったのです!

 すごく苦労した左カム(の詳細写真は別ネタでお送りします(謝))が抜ければシリンダーヘッドはようやく単体に。
b0132428_0595465.jpg

 っていうかサービスマニュアル、説明文中では右カムから抜く指示ですがそのマニュアルにうつっている写真は左カムから分離していて、ホントに右カムから外してよかったんだろうかと思ってみたり。
b0132428_102131.jpg

 いつもの箱&方法でオイリー保管なのです。部分写真はまた後日〜。
[PR]
by yahey72 | 2008-09-16 00:32 | シリンダーヘッド