実録・恐怖体験物語?


by yahey72

シリンダーヘッド分解/バルブ抜き取り

 すっかりご無沙汰致しまして(平謝)。
 ようやく自分のペースが戻ってきまして、ぼちぼち作業ができるようになりました。

 ということでエンジンを降ろした時に外してそのままだったシリンダーヘッドをやっと分解しましょうか(苦笑)。
 なお、サービスマニュアルではバルブを抜く前にカムシャフトを抜いていますが、カムシャフトロックナットの分離(カムシャフトロックナットの固定)方法に悩んだので(後になんとか解決)、先にバルブを抜くことにしました。
b0132428_23513233.jpg

 写真のバルブスプリングコンプレッサーは霧島のホテルマンさんからお借りしたブツです(感謝)。





 バルブスプリングコンプレッサー(サービスマニュアル上では“バルブリフター”)を使い、バルブスプリングを圧縮していきます。
b0132428_23595085.jpg

 バルブスプリングが圧縮されるとコッターが“コンニチワ”してきますのでラジオペンチなどでコッターを取り除きます。この時、コッターへのアプローチを考えてバルブスプリングコンプレッサーの切り欠き部分のセッティングをするとモアベター(死語)。
b0132428_002142.jpg

 でもラジオペンチよりマグネットなピックアップツールが欲しくなります(笑)。

 コッターが取り外せたらそのままバルブを一気に引き抜...きたくなるのをグッとこらえてゆっくり引いてみるとバルブガイドに引っかかるような感触がたぶんあります。コッターによる“カエリ”だそうで、そのまま一気に引き抜くとバルブガイドにキズをつけてバルブガイドが“終了”するとのこと。
b0132428_005754.jpg

 なのでバルブを抜く前にペーパー(今回は#320相当を使用)をあててカエリを取って、なおかつバルブを抜く際は慎重に引っかかる部分がないか確かめつつ、ゆっくりまわしながら引いていくのがキモらしい。
b0132428_012748.jpg

 そしてバルブとバルブスプリングが取り外せました(安堵)。
b0132428_015723.jpg

 左右のバルブはバラバラにならないよう(とくにスプリングの上下)、組んだときと同じ状態で収納ケースで油まみれ保管(コッターはティッシュ包み)。
b0132428_023745.jpg

 左右、IN/EX間違えないようにメモる(≠ 赤いキャンデー青いキャンデー)のも忘れずに〜。
[PR]
by yahey72 | 2008-09-12 00:40 | シリンダーヘッド