実録・恐怖体験物語?


by yahey72

【現状報告】ピストン・その1

 外したピストンを見てみます。
b0132428_1271373.jpg

 しっかり色が変わったピストンピンは当然交換するとして、もしかしたらまだ使えるかもと淡い恋心...じゃなくて期待を抱いたピストンとリング。よ〜く見ていたらなんか数字の刻印?がありました(黄色い矢印)。
b0132428_1293539.jpg

 数字の“8”のようです。もう片方は...
b0132428_1295414.jpg

 なんか“9”って書いてありますよ(汗)。

 そもそもこのピストンはさかのぼること10ン年前、どこかの部品交換会だったか個人売買で入手したもの。並べられた箱の部品番号でCB72用1mmO/Sということだけで買って、ちょうど前回O/H時に1mmO/Sが必要だったから投入しただけというモノ。今以上に無知だったワタシはこんなトコに気づくワケありません(苦笑)。
 この刻印がなにかはその存在を気づいた今でもはっきりわかりませんが、この数字が左右で揃ってないよりは揃っていた方がいいような気は確実にしております...。

 なんて思いながらピストンのスカートをながめていたら、なんかスカートそのものが左右で微妙に違う雰囲気なのでございます...。
 そんな左ピストン(吸気側アタリ弱め)のスカート部。
b0132428_1412466.jpg

 スカートのセンターに対して奥(排気)側も手前(吸気)側も左右のバランスはそれなりにとれている(見えないかも)ような気はしたんですが、それに対して右ピストン(吸気側アタリ強め)のスカート部。
b0132428_1413681.jpg

 奥(排気)側に対して手前(吸気)側がかなり左に寄っています(滝汗)。このピストンのアタリが強めだったのはこのせい?

 そんなワケでピストン再使用の希望ははかなくしぼんでいくのでした(笑)。
 10ン年使ってまだ使うんかい〜と言われると、せっかく開けたんだし、状態のいいピストンを状態のいいシリンダーに入れてあげたいとやっぱり思うのです。

 ついでに(当たり前ですが)ピストンリング溝のすきまをシックネスゲージで測ってみました。
 トップおよびセカンドに関しては修正限度内だったんですが、オイルリングは修正限度の0.1mmのゲージがすこすこ(炸裂)入りましてリングもやっぱり再使用不可のもよう。やっぱりボーリングして手持ちのたぶんHAP JONES製2mmO/Sかスリーブ打ち換えのSTDで行くしかないようです〜。

 なおピストン内側の“8”と“9”の数字の意味についてご存知の方がいらっしゃったら、ぜひお教えいただければ幸いです(平身低頭)。
[PR]
by yahey72 | 2008-04-29 02:06 | シリンダー/ピストン