実録・恐怖体験物語?


by yahey72

ベアリング面の軽いお掃除

 ある程度見られるようになった予備あらため使用予定クランクケースですが、まだ長期放置などによるベアリング面におけるもらいサビ?(呼ばれサビ?)の名残などが見られますので軽くお掃除しておきます。

 いちばんひどい部分でだいたいこんな感じ↓
b0132428_16112381.jpg

 可能なら内燃機屋さんなどで軽くホーニングしてもらった方がよりキレイで座りのいいモノになるんでしょうけど、ここはまた例によって灯油とボンスター#00(極細目)でちまちま行く所存。
b0132428_16121074.jpg

 適当な量をちぎって灯油に浸し、ベアリング面自体を痛めないように力を入れて押し付けることなく、また油分を切らさずなでるようにちまちましていきます。

 エキパイやサイレンサー、リヤショックスプリングのサビ落としにも使えて超便利♪ ご愛用の方も多数いらっしゃるかと存じますが、ホームセンターの台所用品コーナーに置いてあるのは小さなロール状で目が大きい(荒い)モノだったり研磨剤入りだったりしますので、写真のタイプのブツをお求めの場合はケース洗浄の際に使った不敷布スポンジ同様、塗装用品コーナーで聞かれた方が確実かと思われます。





 ちまちました結果はコチラ↓
b0132428_16341332.jpg

 ちょっとまだ茶色の部分が残っていますがやりすぎてガビーンな状態になるよりは...と指(爪)がひっかからなくなる程度でホドホドにしておきます。タバコや菓子の包装セロファンでなぞるとよりモアベター(← 死語かつ用法的誤り(笑))な確認方法だとのこと。

b0132428_16444515.jpg

 同様にオイルシールが入る部分もナデナデしておきます。
b0132428_16512491.jpg

 ナデナデ後のボンスター自体の残りカスでサビを呼んだら意味がないので、念のため、また軽く洗って防錆剤も塗布しておきました。

*******

 ケースのお掃除編はもう少し続きます。
[PR]
by yahey72 | 2009-02-13 17:49 | クランクケース