実録・恐怖体験物語?


by yahey72

予備クランクケース洗浄・その2

 塗装をシンナーで落とした予備クランクケースですが中はまっくろ...なので、そのまま使うワケにはまいりませぬ。メジャーどころのケミカル類もありますし、オレンジ成分入りの家庭用洗剤@原液も結構キいたりするんですが、今回は(も?)わりと原始的な洗油...とゆーか灯油に漬け込んだ後にブラシでわしわしするのです。TO YOU !(意味不明)
b0132428_2317193.jpg

 そんなワケで使用するブラシ各種...ですが、メインは真鍮ブラシと不織布スポンジ(スコッチブライトとかシャイネックスとかミガキロンとかいろんな名前で出ています/写真の緑はシャイネックスの#400相当)。
b0132428_23173327.jpg

 まずは灯油に二日程漬け込んで汚れを浮かしてわしわし開始。ただひたすらブラシとスポンジで隅々までちまちまと行くワケです。入り組んだところや奥はスポンジを割り箸に巻き付けてさらにちまちま。なお、わしわしし始めると止まらなくなる(止められなくなる)ので作業中の写真はありません。申し訳ありません(謝)。

 それでもオイル通路の奥の方は手が届かないので、やっぱりケミカルなんだろうかと思ったりもするんですが...(汗)。





 そんなこんなでとりあえず? ざっとわしわし終了。
 クランクケース内部を鏡面研磨したい衝動に猛烈にかられましたが、なんとか封じ込め成功(笑)。
b0132428_23182616.jpg

 ロアケースもそれなりに見られるようになりました。
b0132428_2319083.jpg

 あらためてアッパーケース。
 灯油はシール類への攻撃性が強いのでゴム類はめんどくさがらずにちゃんと外しましょうね < おまえだよ
b0132428_23193374.jpg

 アッパーケースの中。よく見るとちっと残ってるのが見えますが、これくらいで勘弁しといてやろう(をい)。
b0132428_23195227.jpg

 クラッチ側。前回と比較して、とりあえずがんばったのね...とあきれてもらえれば幸いです(笑)。
b0132428_23201096.jpg


 ケース洗浄はひとまず終了して、今度はケースの面取り(バリ取り)にうつります。
[PR]
by yahey72 | 2008-12-19 23:51 | クランクケース